読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企業IR/CSR情報覚書

企業のIRやCSRで思ったこと気になったことをまとめていきます

統合報告レポート「三菱重工 MHIレポート2016」

昨年ためにためてしっかりしたレポートを出してきた三菱重工。昨年は人が表紙だったところだけれど、今年はバッチリ機械にフューチャーしている。

会長あいさつと簡単な沿革。その次のページが沿革と成長を切り分けて成長性について4ページに拡大してきた。見せ方はとてもおもしろいけれど、ここまで風呂敷を広げることが良いかは賛否がありそう。

社長メッセージは本文のあとに細かい説明。取締役はおそらく会議室での役員勢揃いで11名。CFO、CTOメッセージがそれぞれ2見開き分。その後の見開きがESGについて。これはちょっと意外だった。ガバナンス、グローバルでの人材活用、メガトレンドについて。見出しこそメガトレンドだけど、グローバルニーズなどについてだったり、ステークホルダーへの考え方みたいなところ。社外からの目はこういったところでも光らせてますよ、というアピールは最近のトレンドのよう。社外取締役もしかり。

見やすい財務・非財務ハイライトは昨年と同様の立て付け。セグメント別概況が2見開き。最初の見開きでイメージとビジネスモデル、その次の見開きで状況と進捗。下段にはセグメントごとの売上高や従業員数、研究開発費、受注高、設備投資費、地域別での売上高などを円グラフで記載。要素はとてもわかりやすい。が、細かいな。情報開示という点ではやはり網羅的にならざるをえないのか。各セグメントは2ページずつ。最初にセグメントトップとそのセグメントのSWOT分析、事業環境とトピックス。

その後は社外取締役の鼎談(3人)。CEOと社外取締役2名。片方は女性。取締役会の印象や透明性について、人材や社外取締役に求められることなど。そのあとはガバナンス、組織図が大きく、各部の説明がある。わかりやすいとは思うけど、ここまで読まれるだろうか。役員報酬について、人材への考え方について。最後に技術基盤と知財、研究開発について。会社情報で締め。トータル58ページ。財務諸表などはなし。

よくよく見ると、シンプルさは変わらないし、まとまってはいるのだけれど、なんか今年のデザインはキレがないような気がするのは考え過ぎだろうか。